ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

弁護士に相談するにあたって準備すること

2019年05月01日
名古屋丸の内本部事務所 弁護士 牧村 拓樹

皆さま,こんにちは。

名古屋丸の内本部で勤務をしております,弁護士の牧村拓樹です。

私は,当事務所の小牧事務所で勤務しておりましたが,4月より名古屋丸の内本部事務所で勤務することになりました。名古屋の皆さま,よろしくお願いいたします。

 

さて,弊所のHPを見ているということは,弁護士への相談を考えていることかと思われます。

弁護士へ相談する際に,相談時間というのは限られており,その限られた時間の中で,的確なアドバイスを得るためには,相談者において事前に準備をしておくのがいいと考えます。

弁護士に相談するに当たって準備をしておいた方がいいことは,下記のとおりです。

 

まず,自分が困っていることをできる限り明確にしてください。自分にどのような問題が生じていて,その問題をどのように解消したいかをできる限りでいいので明確にして下さい。自分の抱えている問題を把握することがまず大事になってきます。

次に,出来事を時系列に沿って,一度,書き留めて見てください。限られた時間の中で,弁護士に対して,自分の置かれている状況を説明することは難しいと思います。そこで,相談前に出来事を時系列に沿って書き留めておくと,相談の際に混乱せずに,限られた時間の中でも説明をすることができると思います。

さらに,資料がある場合は,必ず資料を持ってくるようにしてください。資料から得られる情報は多いので,資料を持ってきていただくと,アドバイスがしやすくなります。

 

以上において,弁護士に相談する前に準備しておいた方がいいことを述べてきました。
弁護士に相談するに当たって,限られた時間の中で的確なアドバイスを得るために,上記のような準備ができていると相談もスムーズにいきますが,上記の準備をしっかりすることは難しい場合も多いと思います。そのような場合でも,弊所の弁護士は,相談にいらっしゃった方の抱えている問題は何なのか,どのような解決がいいのかということについて真摯に向き合い,的確なアドバイスをできるように相談対応をさせていただいておりますのでご心配なさらないでください。

 

弁護士に相談する前に,上記で述べた準備をできる人は,準備をした上で相談に臨んでもらい,より的確なアドバイスを得ていただければと思います。

お困りのことがある場合には,是非,弊所にご相談いただければと思います。