離婚 解決事例|相手方より面会交流の調停が申し立てられたが,面会交流を見合わせることになった事例|浜松事務所

ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

相手方より面会交流の調停が申し立てられたが,面会交流を見合わせることになった事例

ご相談内容

離婚時,妻が親権を取得するとともに,面会交流を取り決めました。 しかしながら,その後,子供の意向から面会交流が困難になりました。 相手方より,面会交流の調停が申し立てられているが,どうしたらよいかと相談に来られました。

解決事例

面会が困難な理由を詳細に聞き取り,子供の意向や当方の生活状況,離婚までの経緯,再婚等の事情を主張しました。 その結果,相手方との間で当面は面会を見合わせることで合意し,調停が成立しました。

ポイント

父子関係がある以上,暴力等の特別の事情が無い限り,面会交流を認めるのが子の福祉にかなうと考えられています。 その中で,本件では面会が困難である事情を詳細に主張したことで,相手との合意を得ることができました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。