離婚 解決事例|調停や訴訟となった場合の見通しを説明して,協議離婚が成立した事例|浜松事務所

ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

053-424-5180

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

調停や訴訟となった場合の見通しを説明して,協議離婚が成立した事例

ご相談内容

Aさんは,妻から不貞を疑われ離婚を求められるとともに,高額な養育費,財産分与,慰謝料を請求されていました。Aさんが妻に対して,不貞は事実無根であると主張しても,妻は一向に納得しない状況でした。 そこで,Aさんは,当事者同士では話が進まず,間に第三者に入ってもらいたいとのことで,ご相談に来られました。

解決事例

Aさんの妻は,感情的になっておりましたが,裁判となっても証拠がない以上慰謝料は認められないこと,主張する養育費・財産分与は高額に過ぎ,裁判所でも認められないこと等を説明しました。 当初は納得いっていない様子でしたが,資料等も利用し丁寧に説明することで,妻も慰謝料請求は断念し,養育費・財産分与についても譲歩し,無事協議離婚を成立させることができました。

ポイント

当事者同士の話し合いでは,感情論が先行し,一向に法的な話に進まないことが多々見受けられます。特に,財産分与や養育費等については,過去の裁判例や,実務上の取り扱いから一般的にどれくらいが妥当なのかといった法的な知識が必要となってきます。また,慰謝料についても請求する側が証拠を提出し,不貞等を立証しなければならないという立証責任の問題があります。本件では,裁判となった場合に,相手方主張の金額が認められることが困難である旨を丁寧に説明したことで,解決につながりました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。